産前産後のトラブル

恥骨痛

妊娠後期から産後にかけて、恥骨の痛みに悩む方は少なくありません。
 
妊娠中は赤ちゃんが大きくなっていき、恥骨部分が「圧迫」を受けるから痛みが出るというのが、原因としては大きいです。
 
それでは出産したら、治るのでは?
 
実際に出産後には痛みを感じなくなる方もいます。
そして痛みが残る方もいます。
 
恥骨に何が起きているのでしょう。
 
出産後は靭帯・筋肉・関節が緩んでいる状態が続きます。
全身の靭帯・筋肉・関節が緩んでいる状態です。
 
出産前の身体とは全然違う身体の状態なのです。
ちょっと無理をすれば、容易に「腱鞘炎」になったり。「腰痛」になったり。
 
「恥骨」部分にも同じことが起きています。
 
腹筋、骨盤底筋、腰の筋肉、足の筋肉が緩んでいるために、骨盤の中にある臓器も下垂気味になります。
それが「恥骨」に痛みを感じる原因にもなります。
 
または出産のときに引き伸ばされて傷ついて、まだ回復していないのかもしれません。
 
緩んでいるために容易に骨盤の歪みが生じ、恥骨についている筋肉が過緊張を起こしている場合もあります。
 
どうすれば「恥骨」は楽になるでしょうか。
 
まずは骨盤周りの筋肉の状態を改善するための、整体・はり治療・ストレッチです。
 
「恥骨の痛み」も筋肉の調整をすることで、骨盤が安定し、「恥骨」への負荷が減り、改善できます。
 
「痛み」は我慢しないほうが良いです。
Photo_2
 
 
 

産前産後のトラブルは鍼灸骨盤調整を受けてみてください

妊娠中は大きく成長していく胎児を抱えながら、様々な身体のトラブルに悩まされる方が少なくありません。

 

私も2人目以降の妊娠はつわりに始まり、むくみや腰痛、股関節痛など、様々な体験をしました。その都度、主人に鍼灸、マッサージなどを施術してもらい、身体を整えてもらいました

出産後も、両親の鍼灸治療、骨盤調整など、その時々に応じて施術を受けていたので、4回の出産を無事経過することができました。

妊娠中から、鍼灸、マッサージなどで身体を整えておくと、出産もとても楽です。また出産後の様々な痛みや、不調に関しても、施術を受けてみてください。身体が整い、痛みが日に日に軽くなり、赤ちゃんのお世話も、ぐっと楽にできるようになります。

 

痛みを我慢しながらの育児は、本当に辛いです。涙をぽろぽろ流しながら、「赤ちゃんを可愛いと思えない」と訴えるママとの出会いは忘れられません。まずは、ママの身体を元気にすることが必要なのです。睡眠不足で、緊張が続くと、誰もが心も落ち込んでくるものです。

 

ピンチはチャンスです。今のつらい状態に感謝できる日が来ることを信じて、一緒に身体を整えていきませんか?

 

乳腺炎、母乳分泌不足、母乳分泌過多、子宮下垂、恥骨の痛み、腱鞘炎、手のしびれ、脱毛症、腰痛、痔、便秘、冷えetc、ご相談ください。

Photo