鍼灸治療の適応・効果

適応疾患

鍼灸はWHO(世界保健機構)でも、効果のある41疾患が公表されています。ここでは当院でよく対応しているものを挙げます。

【神経系疾患】
・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症
【運動器系疾患】
・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・肝機能障害・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え性・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻炎・ちくのう
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・疲れ目・かすみ目
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・虚弱体質の改善

以上が当院にいらっしゃる患者さまの症状の主なものです。

 

胃腸が元気になる鍼灸

東洋医学では「食養生」を大切にしています。
元氣の源は両親から与えられた「先天の精」と、日々の食事と呼吸から作り出される「後天の精」であると、古典にも記載されています。
深い呼吸ができる身体と、食べたものを消化・吸収・排泄がスムーズにできる身体に整える鍼灸。
鍼灸施術によって、自律神経の調整と、内臓機能の調整は連動して起こります。
はりをしていると、患者さまのお腹はグーグー鳴り出します。
胃腸が元気になるのが、感じられます。
そうするとお顔も引き締まっていきます。
お口と胃腸はつながりが深く(つながっている管ですから)、胃腸の調子が悪いとお口周りの吹き出物や口角炎、口内炎などができるのは、皆さまご経験があるかと思います。
胃腸の状態は、お口周りの筋肉にも影響するのです。
胃腸が元気を取り戻すと、お口周りの筋肉も引き締まり、お顔が引き締まっていきます。
お顔を整えるには、内臓から。
食べ物も「お砂糖が入っている加工品」には要注意。
胃腸の蠕動運動機能が落ちてしまい、締まりのないお顔になってしまいます。
あなたのお腹は元気ですか?
Img_1792

足の親指の痛み

外反母趾で悩んでいる女性、多いです。
外反母趾ほどの変形は見られないけれど、痛みを感じながら過ごしている女性も多いです。
そして足の親指に痛みを感じている場合、膝、股関節も痛いことがよくあります。
これは偶然ではなく、この一連の関節に負荷がかかるような「歩き方の癖」に問題があります。
Mother Earthでは股関節、膝、足首の動きをチェックして、それぞれの「歩き方」を再現します。
そうすることによって、患者さま自身に「歩き方の癖」に気づいてもらい、自宅でのセルフケアで少しずつ修正してもらいます。
気が付くと、歩き方は変わっていきます。
痛みも取れていきます。
この癖のある「歩き方」を変えない限り、痛みは施術しても何度でも出てくるので、丁寧に診ています。
Omg151018400i9a2370_tp_v

動悸

30代後半~50代の女性に非常に多い症状に「動悸」があります。
「なんとなく疲れが取れないな。寝不足が続いているかな。」
慢性的な肩こりを抱えながら、なんとなく不調な日々は続き、ある日突然それはやってきます。
「ととととっ」
突然感じる胸の異常に驚きます。
心臓の検査をしてもらっても、異常は見つかりません。
何日か経ち、しばらくその症状は落ち着いていたかと思うと、今度は急に息苦しさに襲われ、「息がうまくできない!」とパニックになります。
Mother Earthにはこのような症状でご来院される女性が、多くいらっしゃいます。
そして皆さま、週1回の鍼灸と自宅でのセルフケアを続けていくうちに、症状が改善し笑顔が戻ります。
自律神経は一度リズムを崩すと、元の状態に戻すには、プロの手が必要になることがあります。
生活改善と併行して、「鍼灸」を利用すると、あなたの苦しみはぐっと楽になります。
Takebe160224530i9a0327_tp_v

腰痛の原因

先日、いつも当院を利用されている患者様からご依頼をいただきました。
「主人が腰を痛めてしまって、診ていただけないでしょうか?」
ご主人は年に2回ほど腰痛に見舞われるようで、今回も仕事に支障をきたすほどの痛みでお悩みでした。
奥さまからのお話を伺っていると、大体の様子や原因が見えてきます。
アイスコーヒーをよく飲むこと、クーラーをかけたお部屋でしばらく睡眠をとることが続いていること、シャワーだけで済ませていること。
そして傷めるのは冬と夏が多いこと。
皆さまもお気づきのように、ご主人、相当「冷え」ておりました。
冬は外気温が下がるために、冷えます。
夏は冷飲食と、冷房で冷えます。
冷えが進むと、筋肉は固くなります。
筋肉が固くなると、関節の動きに制限が出てきて、ちょっとした動きで傷めてしまいます。
経絡のバランス調整と、局所の鍼をして、自宅でのストレッチをお伝えしました。
2回の施術でぐっと良くなり、3回目でご卒業となりました。
筋肉量もしっかりあり、バランスも良い方で、「冷たい物」はとらないようにしたことなどが、早い回復につながりました。
「冷え」は痛みの原因になりますが、現代は油断していると「冷え冷え生活」に傾いてしまいます。
Paku6471_tp_v

自由

定期的に施術に通っていらっしゃる患者さまの声を、お届けします。
「最近歩くようになったんですよ。ここに来る前は、毎日へとへとで、歩くなんてとんでもないって思っていたのですけど。」
「まぁ、この暑い中で、歩こうって気になったのですね」
「ええ、なんとなく。」
こんな感じで、自然と身体を動かしたいと思い始め、動き始める患者さま、多いです。
身体が元気になってくると、「自由」になります。
身体に不調を感じると、人は用心するようになります。なるべく「疲れないように」気をつけて、暮らすようになります。
これって、いつも心と身体にブレーキをかけながら生きているので、不自由です。自信もなくなります。不安になります。
身体がうまく回り始めると、多少具合の悪い日があっても、動きながら良くなっていきます。
はり・きゅう施術は、身体の巡りを改善し、心のブレーキを緩めていきます。
「身体から自由になりましたね」
「はい」
こんな会話をするとき、患者さまの変化に出会えて、とても幸せになります。
N811_chikurinnowomiageru_tp_v_2

アトピー性皮膚炎を改善するために

1.原因

①遺伝による体質

 アトピーになる方の皮膚は、乾燥肌が多いです。少しの刺激で、痒みが出て、掻いてしまい、肌荒れを起こし、また痒くなって掻き壊すという状態を繰り返します。

②「熱」が生じやすい「食生活」によるもの

 アトピーは炎症=熱の状態です。

 炎症が起きる理由は2つあります。

1)感染によるもの。細菌やウイルスに感染して炎症が起こり、熱を持ちます。

2)生活習慣によるもの。

熱がこもりやすいカレー、キムチなどの辛い物、ラーメン、揚げ物、スナック菓子、菓子パン、調理パンなどが好きで、よく食べていると、皮膚の炎症が起こりやすくなります。

また、白砂糖、果糖ブドウ糖液糖が含まれているお菓子、パン、炭酸飲料なども、炎症が起こりやすくなります。

添加物の多いファストフード、インスタント食品などは肝臓に負担をかけ、肌荒れにつながります。

コーヒー、酒なども、熱がこもります。

③自律神経の乱れによるもの

 ストレスを感じると、「痒み」を感じる度合いが強くなるのを感じたことがあると思います。心の負担は、「肝臓」に負担をかけ、「イライラ」しやすく、怒りっぽくなり、熱を生じます。五臓のバランスが崩れ、気の流れが悪くなり、免疫力低下、過敏な皮膚の状態を引き起こします。

 

2.対策

①スキンケア

「乾燥状態」が、痒みを引き起こすのですから、お肌が乾燥に傾いている時には、保湿が必要です。化粧水や、クリームなどお肌に合うものを使って、お風呂上りには水分補給が必要です。

また湿疹がひどいところ、掻き壊したところなどは、それ以上「火事(炎症)」が広がらないよう、適宜ステロイドを塗って、傷を早く治す必要があります。

②食生活改善

一番シンプルな方法は、「雑穀ご飯(白米8割+雑穀2割)とお味噌汁」を基本として、3食の献立を構成していくことです。パンはやめましょう。ご飯をしっかり食べるようになると、便通が安定します。腸の状態が良くなっていきます。

ミネラル豊富な天然塩を、ご飯に振ったり、わかめや、のりで、ミネラル補給もしましょう。化学調味料は避けてください。ミネラル補給をしっかりするためにも、豊富な微生物を取り入れるためにも、天然醸造の味噌、醤油を使います。

良い油をそろえてください。圧搾絞りの「菜種油」「ごま油」「えごま油」を使います。揚げ物を食べても大丈夫です。良い油は多めに使っても「炎症」を生じません。むしろ体内の炎症を抑える働きがあります。良い油と塩を効かせた料理は、おいしく、誰もが喜びます。魚の脂にも同じような働きがあります。

  のどが乾いたら、お水を飲んでください。「水分」が必要だからのどが渇くのです。「お水」以外に、シンプルに身体を満たす飲み物はありません。

③自律神経のバランス回復

 はり・きゅう・整体で身体全体のバランスを整えていきます。「経絡」の調整で「気の流れ」を促進し、「お腹の施術」で内臓下垂などを改善します。頭蓋骨を整えることで、身体全体の不必要な緊張を緩めます。これを定期的に繰り返すことで炎症が起こりにくい身体に整えます。養生と施術は、どちらも大切です。



20130601p6010006_tp_v

肩こりと手の疲れ

3月が終わりました。
 
年度末ということで忙しい方が多く、仕事に追われて寝不足と目の疲れ、頸肩の痛みを訴える方がとても多い月でした。
 
肩こりって、肩だけをもんだり、動かしたりするだけでは緩まないのです。なぜなら肩関節自体に異常があるわけではないので。
 
大切なのはその方の痛みが、どこから生じているのかの見極めです。
 
個々の生活習慣、身体の癖によって原因はさまざまありますが、先月多かったのは腕、手の疲労によるもの。
 
パソコン作業が多いと、どうしても腕、手も過重な負担を強いられます。
 
腕、手をはりによって緩め、経絡と頚椎の調整をしていくと肩は緩みます。腕の内側は胸の筋肉とつながっていて、腕が緩むと胸も緩み呼吸が深くなります。
Css_keywotukau1292_tp_v
 

はりはなぜ効くの?

ひと昔前までは、「はり」がなぜ効果があるのか、科学的データに乏しく、経験的に効果が認められるものという位置づけでした。

 

それが今では多くの科学的なデータも出てきており、分かってきたことが増えました。

 

今日は「科学的な見地から、はりはなぜ効果があるのか」をまとめてみました。

 

1.はりを皮膚、筋肉に入れることで、細胞内からATP(神経調節性伝達物質)が出てきます。それが分解されるとアデノシンという物質になり、末梢神経の受容体と結合すると、末梢神経の過度な興奮が収まり、鎮痛効果が現れます。

 

2.はりを皮膚、筋肉に入れることで、脊髄・脳へとその刺激が伝わり、オキシトシン・ノルアドレナリン・セロトニンなど痛みやストレスを和らげるホルモンが分泌されます。

 

3.はりを皮膚、筋肉に入れることで、脊髄・脳へとその刺激が伝わり、自律神経の中枢に信号が送られます。送られてきた信号に応じて、胃腸や、心臓や血管、発汗などの調節が行われます。

 

4.はりを皮膚、筋肉に入れることで、免疫細胞からオピオイドという鎮痛物質が放出され、炎症を起こしている末梢の痛覚受容器にある受容体に作用することで、鎮痛効果が現れます。

 

5.はりを皮膚、筋肉に入れることで、はりを入れた場所に近い血管を拡張させ、血行を改善することができます。

 

こうして見てみますと、はりを入れることで、内分泌、自律神経、血液循環改善など、さまざまな効果が身体の中で起こっているようです。

 

はりをすると、瞑想状態のような深いリラックス感を得ることがあります。はりをすると、視床下部から「オキシトシン(抗ストレスホルモン)」が分泌されることが臨床試験で分かっており、「強い不安感」などにも効果があることが報告されています。

Omg0i9a6352261135435_tp_v